60代のアイクリーム選び方・使い方とおすすめアイクリーム

60代でアイクリームを選ぶうえでは自分が抱えている目元のトラブルにあった内容の製品を選ぶことが第一ですが、一方で「あまり高望みしない」意識も必要です。

 

60代になると目尻の深いシワや乾燥による小じわなどいろいろなトラブルを抱えるようになるものですが、それをアイクリームですべてカバーするのは現実的ではありません。40代、50代の肌に戻るのではなく、60代なりの若々しさや美しさ、みずみずしさを求めることが大事です。

悩みに特化したアイクリームを選ぶことが大切

60代のアイクリーム選び方・使い方

そのためにもまず自分の目元に何が不足しているのかを考えてみましょう。

 

カサつきや小じわが気になる場合には保湿対策が最優先になりますし、深いシワが気になる場合にはハリ対策が必要です。

 

そのほか血行不良によるクマ、ターンオーバーの乱れがもたらすくすみなど、自分が抱えているトラブルにあったケアを適切にできるアイクリームを探していくようにしましょう。

 

とくに注意したいのは乾燥が原因の小じわとハリの低下が原因の深いシワやたるみのケアには違うアプローチが必要な点です。

 

よく保湿効果を備えた製品では「肌にふっくらとしたボリュームとハリを改善させることができる」といた効果をアピールしている製品が見られますが、こうした保湿効果がハリの改善に役立つのは40代くらいまで、真皮層の衰えが進行している60代の肌では保湿効果だけでハリの低下が改善させるのは困難です。

 

ですから乾燥が原因の小じわの場合は保湿効果を、深いシワ・たるみ対策では真皮層の老化を改善する効果を優先する必要があります。

60代は水分と油分をバランス良く補えるアイクリームを!

60代のアイクリーム選び方・使い方

両方の効果を目指して中途半端なアイクリームを選んでしまうと結局どちらの効果も十分に得られなくなってしまうことがあるので注意しましょう。

 

60代のエイジングケアではこうした優先順位を決めておくことも大事で、すべてのトラブルを改善しようとするのではなく、まず何とかしたいトラブルを優先してケアしていく心構えを持つようにしましょう。

 

そのうえでアイクリーム本来の役割を備えているかどうかをチェックしていきます。クリームですから、油分を補うことで表皮にフタをして水分や美容成分が蒸発して失われないようにする役割がまず求められます。

 

乾燥で目元がカサついてしまっている方にとっては美容成分よりもむしろこちらの方が重視されるでしょう。

 

ですから、水分や保湿成分を補うだけでは不十分、かといって油分を補うだけでも乾燥は改善されない。保湿効果とフタをする効果の両方をしっかり備えているアイクリームを選ぶことが必要です。

 

どの程度の油分を補う必要があるのかはひとりひとりの目元の状態によって違ってきますから、ベタつきなどにも注意したうえで自分にあったものをしっかり選んでいくようにしましょう。

60代アイクリーム選び方のポイント
・自分の目元トラブルに合ったアイクリームを選ぶこと
 →乾燥が原因の小じわの場合は保湿効果、深いシワ・たるみ対策では真皮層の老化を改善する効果を優先する

 

・アイクリーム本来の役割を備えているかどうかをチェック
 →保湿効果とフタをする効果の両方をしっかり備えているアイクリームを選ぶこと

参照:60代の上手なアイクリームの選び方

編集部で実際に使ってみた60代におすすめのアイクリーム

B.A アイゾーンクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム

B.A アイゾーンクリーム

伸ばしやすく、指でプレスもしやすいテクスチャーです。しっかり馴染むので塗り終わった後もベタつきはなく、特に翌朝の肌の調子が全然違う。肌がやわらかく滑らかになっていました。やはりお値段は気になるところですが、他のアイクリームでは効果が見られなかったほどたるみが進行していた目元でも、B.Aはハリの効果を実感しやすかったと思います。

ポーラの最高峰ブランドBAのアイクリーム。目の筋力である眼輪筋を鍛え、ハリ不足やくぼみ、たるみなどの目元の悩みを目元の構造から根本的に改善するのが特徴です。付け始めはコクがあり、肌に伸ばすと水の層がはじけてみずみずしく浸透、再び密着感のあるコクに変化する3段階の感触の変化で、使用感や仕上がりの心地良さも重視しています。目元のたるみの大きな原因である眼輪筋の衰えを根本的にケアしたい60代におすすめです。
19,440円・税込
公式HPへB.A ザ アイクリーム

編集部アボガドの感想 ※こちらは旧商品のレビューになります。

B.A アイゾーンクリームレビュー

少し固めのクリームですが、指全体で抑えると肌の上で溶けてオイル状になって少量でもよく伸びてくれました。

 

1回分の使用量は片目、米粒よりちょっと大き目でも十分カバー!浸透力も高いのでべたつきを感じることもなく使えました。

 

目元のトータルケアを謳ったアイクリームですが、クマに関しては1本使い切るまでに効果が見られませんでした。しかし口コミには「クマが薄くなった!」との声もあったので、原因にもよるのかな・・。

 

何よりもかなり高保湿なおかげで乾燥ジワには効果てきめん!朝使うと1日中乾かないし、細かい小じわなら2〜3日で目立たなくなりました。

 

しかも今まで使ったアイクリームの中でも効果を感じやすく即効性があったので、すでに目元トラブルが進行してしまいケアしてもなかなか改善されなかった60代にもぴったりだと思います。

 

《商品解説》
B.Aのアイゾーンクリームは目元の構造に着目した「アイコアフォーミング理論」のもとで開発されたアイクリームです。加齢とともに変化していく目元の構造を把握したうえで適切な成分・処方を採用することでこれまでにない目元ケア効果を目指しているのが特徴です。

B.A アイゾーンクリーム

3段階に変化するテクスチャー

60代になると乾燥やバリア機能の低下、水分を保つ保水力の低下といった目元の構造の変化がシワやたるみなどのトラブルの原因を引き起こします。

 

そこでB.A アイゾーンクリームでは3段階に変化する特殊な使い心地を採用しています。

 

肌に負担をかけずに塗付したうえでしっかりなじみ、有効成分を補いながら整えることができる処方です。

1.手に取ったときにはコクのあるクリームをしているのでムラなく均一に塗付できる
2.肌に密着するとクリームに含まれている水分がはじけて有効成分が角質層のすみずみにまで浸透
3.肌に馴染んだところで再びクリームのコクのある感触がよみがえり表皮にフタをしたうえで潤いを維持する

 

抗酸化作用やハリの改善に効果的

B.A アイゾーンクリーム

目元ケアでは摩擦の刺激も気になりますし、ベタつきなどの使い心地にもこだわりたいところ。

 

このB.Aアイゾーンクリームではそうした60代の目元ケアのニーズに応える使い心地を備えているのです。

 

しかも美容成分にはB.Aブランド共通のゴールデンLP、YACエキス、EGクリアエキスなどPOLA独自の成分がしっかり配合。

 

保湿効果だけに留まらず抗酸化作用やハリの改善など年齢肌にピッタリな効果をもたらしてくれます

 

POLAが最高峰ブランドとして位置づけているB.Aブランドにラインナップされているだけあって60代の目元ケアに非常に適した内容を備えているアイテムです。
公式HPで詳しく見てみる!>>
参照:ポーラ化粧品

B.A アイゾーンクリーム 66歳 混合肌

B.A アイゾーンクリーム口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
60代になり目元のたるみが酷くなっているようでした。もともと奥二重だったのがたるみでまぶた下がってきて、余計に目が小さく見えます。アイラインを引いてもかぶってしまって意味がない感じです。

 

2.そのアイクリームを選んだ理由
自分で購入したのではなく、プレゼントとして頂きました。B.Aの化粧水、乳液は以前使っていて私の肌には合っていたので使うのが楽しみでした。

 

3.テクスチャーと使い心地
チューブの先端の丸くなっている部分が適量の目安になっているのでわかりやすいです。クリームの質感は硬めでこっくりとしていますが、目元にのせて伸ばしてみるとみずみずしく馴染んでいきました。そのあとはぴたっと密着して小じわも引き伸ばしてくれているようなハリ感がでてきました。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
眼輪筋に働きかけていくクリームだそうで、これは時間かかりそうだなとあまり期待し過ぎずに使用しました。確かに1本目ではたるみを完全に改善することはできませんでしたが、ハリ感は増して持続もしてくれているようです。さらにマッサージ効果もあってか、特にまぶたがすっきりしてアイメイクが以前よりも映える!
ただお値段を見てびっくり!デイリー使いを考えるとちょっと悩みますが、でも目元はどうしても年齢がでてしまうところなので、お金をかけてでも集中的にケアすることが大切なのかなっと思いました。

 

アテニア アイエクストラ セラム

目元の3大エイジングサインを同時に解決!高品質・低価格で目元ケア初心者にも

アテニア アイエクストラ セラム

チューブタイプで、先が細くなっているので出しやすかったです。滑らかなのに濃厚なクリームが乾燥した肌に馴染むと、柔らかくなり化粧ノリも良くなりました。使用感が優しい事もあって即効性はあまり感じられないのですが、使い続けるとふっくらとしたハリを実感する事が出来ました。しかもここまで保湿力があるアイクリームがこのお値段で購入できるとは驚きです。

まぶた・目の下・目尻の3つのエイジングサインにアプローチするアイクリーム。独自開発成分配合の濃厚なクリームが肌に溶け込むように馴染み、潤しながらふっくらとしたハリ・弾力のある目元に近づける特徴があります。さらにパソコンやスマートフォンに多く含まれ、目元の老化を加速させるブルーライトからも守ります。高価なアイクリームが多い中、品質は高く価格はお手頃なので、これまで本格的なケアをしてこなかった60代にもおすすめです。
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPへアテニア アイエクストラセラム

編集部アボガドの感想 ※こちらは旧商品のレビューになります。

アテニア アイエクストラ セラムレビュー

緩めのテクスチャーで無理な力を加えなくても伸びて密着するので、目元への負担はほとんどなく安心して使えました。

 

普段スキンケアする頃には乾燥でちりめんジワが浮き出ている目元が、アテニア アイエクストラ セラムを塗り込むと心なしか目の下がふっくら・・!

 

塗ったそばから実感できるほど保湿力が高かったです。それなのにベタつきや刺激はありませんでした。

 

くっきりと刻まれてしまった深いシワを消すにはさすがに少し時間が掛かりそうですが、アテニアはお値段も手ごろで使い心地も良い!無理なく使い続けられるので、じっくり目元のトータルケアをしたい60代にぴったりだと思います。

 

《商品解説》
アテニアのアイエクストラ セラムはアイゾーンのケアを重視したうえで独自成分が配合されたアイクリームです。60代によく見られる目元のトラブルの改善に役立つため、小じわはもちろん、くすみやハリの低下といった悩みにも効果が期待できるのが特徴です。

みずみずしさとボリュームをもたらす

アテニア アイエクストラ セラム

アテニアでは老化が肌にもたらす悪影響として「目元のゴースト地帯化」に着目しています。

 

これは老化によって皮膚の毛細血管の量が減少してしまう状態のことで、血流が減少することで肌の活力の低下、ターンオーバーの乱れといった問題を引き起こしてしまいます。

 

60代になるとこうしたゴースト地帯化やそれがもたらすターンオーバーの乱れがかなり進行することでシワ、たるみといったトラブルが起こりやすくなるのです。

 

そこでこの問題にアプローチするために配合されたのがコメ胚芽油と酵母ペプチドが含まれた複合成分「エネリブーストGY」です。

 

まぶたのたるみ、目尻の深いシワにも効果的

アテニア アイエクストラ セラム

コメ胚芽油が肌全体にハリをもたらしつつ、酵母ペプチドが肌に活力をもたらし、みずみずしさやふっくらとしたボリュームをもたらします

 

しかも目の下、目尻、まぶたと目元の全体のハリを改善する効果が期待できるため、60代によく見られるまぶたのたるみ、目尻の深いシワなどの悩みにも役立ちます

 

合成香料、鉱物油、パラベン、アルコールが不使用で肌にも優しい内容になっているのも魅力です。アテニアが提唱する「360°全方位ケア」でタテ・ヨコ両方のハリを改善することで全体を立体的に、若々しく見せる効果も期待できるでしょう。

 

年齢を重ねていくにつれて深刻になっていく60代の目元ケアにピッタリのアイクリームです。
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム 60歳 乾燥肌

アテニア アイエクストラ セラム口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
涙袋の下に刻まれたシワと、目の下の際に斜めに刻まれた細かいシワが悩みでした。今まで特別目元のケアをしたことはありません。

 

2.そのアイクリームを選んだ理由
化粧品選びの参考にしているブロガーさんのクチコミを見てこちらを選びました。さらにオンラインで購入するとドレスリフトのトライアルセットも付いてくるので、かなりお得だと思いました。

 

3.テクスチャーと使い心地
スキンケアの最後に使用していますが、目元には乳液などでフタをせずこのアイクリームを塗り込むように使っています。思ったよりやわらかいテクスチャーで、普通に伸びの良いクリームでした。なので軽くマッサージしながら塗付することができます。塗った直後は少し被膜感がありましたが、すぐに浸透して時間が経ってもしっとりしていました。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
最初の1、2週間はシワの改善というよりは乾燥を防ぐことで、トラブルが深くなっていくのを防いでくれる商品なのかなと思いました。しかし1本使い切ったところですがピンっとしたハリでは無く、ふっくらとしたハリがでてきました。効果は緩やかですが、毎日使うと少しずつ実感できます!しかも残りが少なくなった時にも、両手で絞り出しつつ直に塗るとクリームを無駄なく使いきれた点もメリットでした。
私は高価な化粧品をちょびちょび使うより、お手頃な化粧品を惜しみなく使いたいので、そういった意味でもアテニアのアイエクストラ セラムはちょうどいいアイクリームだったかなと思います。

 

ファンケル 無添加アイセラム

乾燥による小じわ・ハリの低下に!目元と口元を同時にケアできる無添加アイクリーム

ファンケル 無添加アイセラム

思ったより硬めのテクスチャーなので、程よくフィット感がありました。小じわの間にもしっかり入り込んで、肌の内側から潤してくれている感覚です。、私は朝夜と1日2回使用していますが、おかげて常にしっとりするようになりました。明らかにシワが薄くなった!!とかはまだないですが、以前よりキメが整っているように見えます。

2,000円以下でたっぷり90回分!コスパ良しの高保湿アイクリーム。マカデミアナッツから抽出した成分が、肌に潤いを与えながら保水力も高めて、ふっくらとハリのある目元に近づけてくれるのが特徴です。 マリンセラミドとスイートピーエキスがバリア機能を高めながら日中のダメージもケアして肌そのものを元気にしてくれます。さらにほうれい線など口元のエイジングケアに使える点も魅力。無添加(※1)なので刺激に敏感な60代にもおすすめです。(※1防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を不使用)
約90回分1,800円・税込み(初回限定・お一人様1セット1回限り)
(アクティブコンディショニングEX化粧液2包・乳液2包・速攻リフトアップマスク2包付。無くなり次第終了)
公式HPへファンケル アクティブコンディショニング EX

編集部いちごの感想

ファンケル 無添加アイセラムレビュー

無添加だけあって白く無香、クリームの中でも結構しっかりした硬さがありました。使用目安量は両方の目元に小豆1粒分と少量ですが、伸びが良いので十分塗り広げることができます。

 

塗ったところが薄い膜に守られている感覚で、しっかり乾燥を防いでくれていそう!特にマッサージしながら馴染ませると、肌への密着度がより高まり目元がよりすっきりします。

 

翌朝までしっとりした肌触りが続くほど保湿力に優れていたので、普通〜脂性肌の方の口コミでは「ベタつきを感じる」という意見も・・。ですが、乾燥肌の私にとってはベタベタせずサラッとしているのに潤っているという感覚でした。

 

何よりも塗り心地が優しく、肌負担になるような成分は配合されていないので、敏感肌でなかなか目元ケアできなかった60代にぴったりだと思います。

 

《商品解説》
ファンケルの無添加アイセラムは年齢を重ねた目元の状態を考慮し、植物由来の成分を主成分とするなど肌に優しい作りになっているアイクリームです。そのうえ刺激に敏感になっているおもな原因でもある乾燥を防ぎ、目元にうるおいとふっくらとしたボリュームをもたらす効果を重視しています。

目元の乾燥や小じわの改善に効果的

ファンケル 無添加アイセラム

60代の目元の大きな悩みは水分が不足しているだけでなく水分を角質層に抱え込む力が低下している点です。

 

そのため一生懸命補ってもすぐに蒸発してしまいケアの効果が十分に得られないのです。

 

そこでファンケルでは水分を保つために植物性シール成分(マカデミアナッツ脂肪酸)を主成分として配合しました。

 

この成分によって時間が経過した後の水分保持量を大幅に高めることができるため、乾燥によるカサつきや小じわなどトラブルの改善に効果を発揮します。

 

無添加処方で口元のエイジングケアにも!

ファンケル 無添加アイセラム

この植物性シール成分で水分を保つ環境を整えつつ、マリンセラミド、アルギニンといった美容成分も合わせて補うことで角質層に潤いをもたらし、保湿とバリア機能が整った状態を長く維持できる環境へと導いてくれます

 

とくにマリンセラミドは従来のセラミドよりも浸透性に優れており、加齢とともに有効成分が浸透しにくくなる60代の肌でも使いやすくなっているのが魅力です。

 

口元にも使えるなどエイジングケア全般に使える点も大きなメリット、しかも無添加の名前に恥じず防腐剤、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、香料、合成色素などが不使用

 

刺激に敏感になっている肌にも使いやすくなっています。目元ケアの効果が長持ちしない方、なかなか思うように効果が得られない方にとくにオススメです。
公式HPで詳しく見てみる!>>>

ファンケル 無添加アイセラム 62歳 敏感肌

ファンケル 無添加アイセラム口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
目元の乾燥がひどく、特にメイクすると皮とともにファンデーションが剥がれることも・・。そのせいで笑ったりしなくても小じわがくっきり浮き出るようになりました。

 

2.そのアイクリームを選んだ理由
敏感肌なので肌に優しそうなアイクリームを探していました。その中で気になったので、クレンジングでも使っているファンケル化粧品。無添加だしお値段もそこまで高くないので、もし肌に合わなくても買い替えれると思って購入しました。

 

3.テクスチャーと使い心地
白くこってりしたクリームですが伸びはよく塗りやすいです。浸透していく感じではないのですが、なんか膜を張った感覚というか、ピッタリフィットするためシワのまわりの皮膚がふっくらしました。敏感肌なので合わない化粧品を使うとすぐに湿疹がでてしまうのですが、ファンケルのアイセラムは全く問題ありませんでした。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
今までしっとりタイプの化粧水や乳液を多目に塗ることで代用してましたが、やっぱりアイクリームの保湿力は全然違いますね。おかげでメイクしていてもカサつくことはなくなりました。すでにくっきりできてしまったシワを消すのには根気よくケアする必要がありますが、目立たなくなったとは思います。使用期限60日以内と決められていたのですが使い切れなかったので、コスパはかなりいいと思います。

 

60代のアイクリームの上手な使い方と注意点

アイクリームは使い方が難しい面もあります。油分を補って表皮にフタをするのはよいのですが、使いすぎるとベタつきなどの問題を抱えやすくなりますし、フタをするだけでなく配合されている有効成分をうまく浸透させる必要もあります。とくに60代の肌は刺激に敏感なうえに有効成分が浸透しにくい環境にあるだけに上手な使い方が求められます。

60代はできるだけ摩擦をかけないこと

60代アイクリームの使い方

まず塗付するときの摩擦の刺激をできるだけ避けることが第一です。

 

ちょっとした刺激に反応しやすいからこそ、目元専用のアイテムを使うわけですから、指で強く擦って刺激を与えてしまうようなことは避けなければなりません。

 

難しいは適量を踏まえながら肌に刺激を与えずにうまくなじませていく点です。

 

摩擦の刺激を避けるためには多めの量を使うと効果的ですが、あまり量が多いと先ほども触れたようにベタつきなどの不快感がつきまといますし、肌にうまくなじまず有効成分が浸透しにくい問題も出てきてしまいます。

 

基本的には適量を踏まえたうえで丁寧に塗っていくことになりますが、刺激が気になる方は少し多めの量で塗ったうえで最後にティッシュでオフする方法も取り入れてみましょう。

 

とくに60代は気候などの影響で目元の状態が変化しやすいですから、つねに同じ量を使えばよいというわけではありません。

 

その日の目元の状態を踏まえつつ「今日は少し多めにつかってみよう」「昨日は少し紫外線を浴びてしまったから多めがいいかもしれない」など検討しながら使いながらティッシュでオフしたり、逆に重ね付けするなどして調節してみましょう。

時間をかけずケアを済ませること

60代アイクリームの使い方

摩擦の刺激は何度も擦るだけでなく強く擦ることも大きな問題です。そこで人差し指で塗るのではなく薬指で塗るのがおすすめです。

 

実際に試してみるとわかりますが、人差し指よりも薬指のほうが力をこめずに塗っていくことができます。とくに目元のトラブルを抱えている方が人差し指で塗ると無意識のうちに肌に塗りこもうとして力をこめてしまうことが多いので注意したいところです。

 

とにかくやり過ぎないことが60代の目元ケアの大前提ですから、アイクリームを使う際にもあまり時間をかけずにサッと済ませるような手際のよさを意識したいところです。

 

また、アイクリームは基本的に化粧水、美容液、乳液の後に使うものですから、目元ケアを他の顔の部分とは別にアイクリームだけで行おうとした場合、洗顔からかなり時間が経過してしまいその間に水分が失われてしまう恐れもあります。

 

それを防ぐためにはスキンケア全体をスムーズに行うこと、化粧水は目元にもしっかり使用することなどの対策が必要になるでしょう。

 

目元ケアを過剰に特別扱いするのではなく、あくまでスキンケア全体の中で位置づけて全体の流れも意識して行っていきたいところです。

60代アイクリーム使い方のポイント
・摩擦の刺激をできるだけ避けること
 →少し多めの量で塗ったうえで最後にティッシュでオフする方法もおすすめ

 

・目元ケアは過剰にやり過ぎないこと
 →あまり時間をかけずにサッと済ませるような手際のよさを意識

 

 

 

参照1:ポーラ化粧品の口コミと効果
参照2:何が違う?「アイクリーム」とクリーム、目もとを輝かせる正解ケア